トップページ > メイク落としに含まれる主な成分

メイク落としに含まれる主な成分

そもそもメイク落としは、どうしてメイクを落とす事ができるのでしょうか。それはメイク落としに含まれている主な成分に、「油」と「界面活性剤」が含まれているからです。

 

まず、「油」に注目してみましょう。一般的に口紅やファンデーション、マスカラといった化粧品は、すぐに落ないように、崩れにくくするように主に油性の成分でできています。そこに、油が主成分となっているクレンジング剤をなじませる事で油が浮きやすくなり、簡単に落とす事ができるのです。

 

そして「界面活性剤」。界面活性剤は、何だか難しそうなかんじですが、簡単に言ってしまうと「油と水を混ざり合うようにした物質」です。通常、油と水は混ざり合いません。ですので油でメイクの油を浮かせただけでは、メイクは浮いても水で洗い流す事ができないのです。

 

ですがそれを水で洗い流しやすくする為に界面活性剤が使用されているのです。油で浮かせて、界面活性剤で水に溶かして流す、こういったイメージです。ですので例えば服などについた油汚れ。これも実はクレンジング剤で落とす事もできるのです。

 

しかし界面活性剤には、肌の皮脂までもを洗い流してしまうというデメリットがあります。皮脂は肌を潤すためにもとても大事なものですので、敏感肌や乾燥肌の方には注意が必要です。またオイリー肌の方でも皮脂を余計に落としすぎてしまう事で、余計油っぽい肌になってしまう可能性もあります。こういったデメリットもあるという事を理解した上で、正しく使用をしましょう。