トップページ > アトピーのケアに保湿はかなり重要な話

アトピーのケアに保湿はかなり重要な話

アトピーの症状の一つが、激しいかゆみです。このかゆみはあまりにも激しいもので、経験してみないと想像がつかないかもしれません。かゆくなって肌を掻いてしまえば、皮膚が傷ついてさらにアトピーの症状が悪化してしまいます。

 

思い切り掻きたいけれど、掻いてしまえば悪化してしまいます。でも、蚊に刺されたかゆみなどと違って、どうにも我慢できないのがアトピーのかゆみです。

 

では、アトピーの症状が出てしまったら、どうすればよいのでしょうか。

 

かゆみを抑えるためには、肌の保湿状態に気をつけることが肝心です。肌が乾燥すると、アトピーの症状が悪化してきます。保湿力をたっぷり備えたスキンケアなどで肌を乾燥させないようにすると、かゆみを防ぐことができます。

 

ただ、アトピーの症状が出ているときに、直接皮膚にクリームなどを塗るのは危険です。特にステロイド入りの軟膏を塗ると、化膿してしまう恐れがあるといいます。

 

保湿剤も個人によって肌に合う合わないがありますので、自分に合うものを探してみましょう。値段が高ければよいかというと、そうともいえません。

 

保存料などの添加物が入っていれば、それに反応して肌が荒れてしまう人もいるでしょう。特にデリケートになっている肌状態ですから、刺激の弱いものを選ぶようにしてください。口コミサイトなどを参考に、自分の肌にピッタリくる化粧品を選んでくださいね。